Information

インフォメーション

『The Surfer’s Journal 日本語版』第6号はいよいよ2月10日発売です!

surfersjournal204

TSJ6号表紙



『The Surfer's Journal 日本語版 6号』


昨年4月から始動した本誌も、ようやく1年目を終えることが出来ました。
これも一重にみなさまのご支援の賜物と、心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

またこの4月から、新たな1年がスタート致します。
私たちもさらに気持ちを引き締め、より一層の努力と労力を傾ける所存でおります。
みなさまにも、さらなるご支援ご助力を賜りたく、ここにあらためてお願い申し上げます。

さて、サイラス・サットン撮影となる印象的な表紙写真の第6号の内容をご紹介したいと思います。
今回は期せずしてボブ・シモンズ絡みの記事、それも大作が2本並びました。

まずその1本は、本紙発行人のスティーブ・ペズマンが、シモンズと並ぶモダン・サーフボードの祖と謳われるジョー・クイッグにインタビューを試みた『ターニング・ポイント』。サーフボード産業黎明期の、目からウロコのエピソード満載です。
中でもクイッグのシモンズに対する敵対心は特筆もので、ペズマンもいささかたじたじな様子が伺えます。
 
2本目は、気鋭のライター、キンボール・テイラーが、かつてボブ・シモンズが自転車で辿ったマカハからサンセットまでの道のりを、自ら自転車を駆って追体験する『自転車ツアー』。ミステリアスなボブ・シモンズの実像が浮き彫りにされると共に、ノースショアを発見したパイオニアたちの冒険旅行が蘇る、ロマンチックな物語です。
 
サーフトリップ・フリークには、インドの南西に位置する島、ラプシャドウィープへの旅は如何ですか?『ラプシャドウィープの五行』では、ソマリアの海賊たちが徘徊する海域の、珠玉のライトブレイクを紹介します。
 
バリのチャングーに建つ、バイクマニアたちの新しい聖地を紹介する『機械仕掛けの神々』。サーファーだけでなくカフェ・レーサーやピスト・ライダーが集まるお洒落なファクトリー、デウス・エクス・マキナのパワフルな実像に迫ります。
 
『魚雷』は、キース・マロイが手懸けた、ボディサーフィン映画“Come Hell or High Water”の撮影秘話。マーク・カニンガムが貴重な逸話を聞かせてくれます。
 
 
その他、様々な興味深い記事満載!TSJJ最新号は2月10日発売です!

『The Surfer's Journal 日本語版 5号』只今発売中!
全国のサーフショップ、書店でお求め下さい!
  Amazonからもお買い求めできるようになりました! 
年間購読は Fujisan.co.jpからお申し込みできます。 


page topへ

Copyright © Cipher Communication All Rights Reserved.