Information

インフォメーション

『ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本語版』2.6号は2月10日発売

TSJJ2-6

surfersjournal日本語版2.6号





『ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本語版』2.6号は2月10日発売です。



読者のみなさまとパートナー企業さまのおかげで、『ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本語版』も、
2年目最後の通算12号めを発行できる運びとなりました。
これも一重に、みなさまのあたたかいご支援の賜物と感謝しております。
ありがとうございました。

さて、その通算12号めとなる2.6号の内容をご紹介したいと思います。

まず、今回は充実のポートフォリオを何名かピックアップしてお届けします。

まずフィーチャーするのが、
●スタジオ92
カリフォルニアのフォト・ジャーナリスト、クリス・クロフと愉快な仲間たちの、
中米での珍道中が、美しい写真の数々とともに紹介されています。

●ザ・パッケージ・イン・ザ・ピット
東海岸の元祖パンク・サーファー&ミュージシャンのシド・アブルージを紹介しています。
これは鬼才デレック・ハインドの手となるブッ飛んだ人物ドキュメントです。

ケリー・スレーターの冒険譚
●マーシャル諸島攻略のすべて
は、おなじくモメンタム世代のロス・ウィリアムスが書き下ろした紀行記。

●樹の残り香
は、オーストラリアの伝説的ボードビルダー、ジョー・ラーキンの一代記。
MPもPTもラビットも、みんなここから巣立っていった!

●俺がやるしかないだろ!
は、「スポーツ・イラストレーテッド」誌をはじめ、ファッション、モ
ード関係のメディアで大活躍の写真家ビヨン・ルースのプロファイル紹介。
良質なアート・フォトが楽しめます。

そして、今号の白眉ともいえるジョージ・グリノーの
●バックヤード・スペシャル
は、グリノーが開発したウィンドサーフィン用サーフボードにまつわる
技術的バックグラウンドと大波での大冒険を綴ったサーフ・ドキュメンタリー。

●アイルランドでのサーフィン
は、LAからアイルランドを訪れ、素晴らしい波とアイルランドの気風を味わい尽くした、
あるサーファーの手記。

●レイキーピークの家なき子たち
マット・ジョージがボルネオのレイキーピークに集う孤児たちの、生活やサーフィン、
そしてその固い団結力を、あたたかい筆致で紹介していきます。

●ロードソングス ザック・ブッシュ作品集
今号のもうひとつのポートフォリオ。寒い国から来た写真家、カナダのザック・ブッシュが、
独特なタッチの自作品を紹介しています。

そして、今号のリエントリーは、近代サーフィンの発展になくてはならない人物、
トム・ブレイクと、現代にその年代記を編纂し出版した編集チームとの心の繋がりを描いた
●サーフィンに魅せられたトム・ブレイクの生涯
です。

と、今回も内容は盛り沢山!


『ザ・サーファーズ・ジャーナル 日本語版』2.6号は2月10日発売!
  Amazonからもお買い求めできるようになりました! 
年間購読は Fujisan.co.jpからお申し込みできます。 


page topへ

Copyright © Cipher Communication All Rights Reserved.